異世界居酒屋〜古都アイテーリアの居酒屋のぶ〜 第4話 はじめての海鮮丼

スポンサードリンク

異世界居酒屋〜古都アイテーリアの居酒屋のぶ〜 第4話 はじめての海鮮丼
麦の仲買人・イグナーツは、妹の結婚相手であるカミルの気の小ささを心配していた。妹を任せられるような立派な男になってほしい。そう願うイグナーツは、未来の義弟の度胸を試すため、ある試練を課す。それは、居酒屋「のぶ」で出るという、生の魚を食べること。危険なことだと思っていたら、輝くほど綺麗な「サシミ」が出てきて……。(C)蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)